個別指導塾に合っている生徒

自分で目標をもって学習を進められる生徒

個別指導塾では、生徒一人一人が自らの課題に取り組みながら、分からない箇所があればその都度講師に尋ねて問題の解き方を教わる学習方法が主流ですよね。したがって、受動的な面を持つ授業形式の学習塾とは異なり、「自分の課題に対して、目標をもって一人でも学習に取り組むことができる生徒」がマッチしていると言えるでしょう。例えば「今日はこの教科のテキストを最低5ページは進めよう」という風に、生徒自身が目標とやる気をもって課題に取り組む姿勢があることがとても大切です。初めから課題の解き方を懇切丁寧に教わって身につけていきたい、というスタンスではなく、まずは自分で課題にチャレンジしてみよう、分からなかったら聞いてみよう、という学習に対する積極性を持っている生徒が個別指導塾には向いているのではないでしょうか。

苦手を克服するまでやり続けられる根気強い生徒

個別指導塾のいいところは、生徒が納得いくまで繰り返し講師に質問して教わることができるところです。それゆえ、質問の機会を利用して自分の苦手分野を克服しよう、分からなかったら何度でも聞いてやりなおそう、という粘り強さを持っている生徒のほうが向いているといえるでしょう。集団で授業を受ける形式の学習塾では、講師のペースで学習が進んでいくため、生徒が授業中に何度も質問することができないケースも考えられますよね。個別指導塾では、生徒が「分かったつもり」にとどまることなく、「きちんと自分で解けるまで」何度でも質問し直し、課題の解き直しができますから、こういった学習環境に向いているのは、自分自身が納得するまで根気強く学習に取り組み続けられる姿勢を持っている生徒なのではないでしょうか。