個別指導塾の強み

個々の生徒に合った指導

公立の小中学校は成績によるクラス分けが行われず平均的な授業が行われます。進学をメインにした集団指導塾は成績の近い生徒を集めて授業を行うのでその点では学校に比べると生徒に合った指導ができるのでしょう。ただいくら成績が近いと言っても個々の生徒には一定の差があり授業のペースに合わない生徒も出てくるようです。より生徒に合った授業を行える仕組みとして個別指導塾があり、クラス分けなどはされず生徒は一人一人違う勉強をします。集団授業だとどうしてもついていけない生徒が出てきますが個別指導は生徒のスピードに合わせてくれるので遅れたりしません。クラブ活動などで授業に出られないときも集団指導塾だと遅れる可能性がありますが、個別指導塾は先に進まないので生徒は安心できるでしょう。

生徒に自発性が生まれやすい

勉強は学校で行うもの、先生から教わるものとのイメージを持つ生徒がいるようです。確かに間違いではないものの難関の学校に行くと自主性が求められ、自発性や自立性がないと成績はどんどん落ちてしまうでしょう。塾のタイプとして個別指導塾があり、こちらの強みとして自発性を養いやすいところがあります。集団指導塾はクラスごとにカリキュラムが決められ毎回の授業のペースなども塾側が決めてくれます。個別指導塾ではカリキュラムは塾と生徒などが話し合って決め日々の授業のペースも生徒自身のやる気によって変わります。慣れないと集団指導塾より勉強が遅れたりもしますが、自発性が生まれてくるとどんどん自分から勉強できるようになり成績アップもしやすくなるでしょう。